専門業者の利便性

有利な価格で相続不動産を売却できるようになりました

階段

相続した財産の額が一定額を超えている場合は、故人の死亡から10ヶ月以内に相続税を納めなくてはならないことになっています。受け取った財産が預貯金や有価証券等であれば、納税資金の準備に困ってしまう心配はほとんどありません。でも、受け取った財産が不動産だけであった場合は、納税資金を別に用意しなくてはなりませんので、困ってしまう人が多いです。従来は、納税期限に間に合わせるために最初から破格の安値で売りに出すケースが少なくありませんでした。万が一期限までに相続税を納めることができなければ、税金を追徴されることになっているからです。しかし、最近になって、相続不動産売却の専門業者が登場してくるようになったおかげで、以前に比べるとずっと有利な価格で売却することができるようになりました。

今後は専門業者の利用者が増加するだろうと予想されています

税法が改正され、従来よりも相続税の支払い義務を負う人の数が多くなりました。法律の改正によって控除額が大幅に減額されたため、以前の法律下では税金を支払わずに済んでいた人も、今後は課税されることになったのです。不動産は一般的に価格が高めですので、遺産の中に不動産が含まれている場合は、かなり高い確率で納税義務を負うことになります。そのため、今後は相続不動産売却専門業者を利用する人の数がグッと増えるだろうと予想されています。相続不動産売却業者は、売却の仲介だけでなく、物件の買い取りも行っていますので、納税期限までに確実に不動産を現金化することができます。普通の不動産業者に依頼してもうまく売却できるとは限りませんから、専門業者を利用する人が増加すると考えられています。