売却をする

最近の相続のための物件売却の平均的な金額

高級な部屋

最近では高齢化に伴って、両親やその他親族の所有する不動産を相続するケースが増加傾向である。また相続した物件をすぐに売却して現金化するのが最近のトレンドであり、相続不動産売却のために不動産業者を活用するのが一般的である。特に最近では核家族化に伴って住まいの小規模化も進んでいるので、相続不動産売却の金額も1億円未満が標準的である。そして郊外や地方都市では引き続き不動産価格の下落も続いているので、1000万円以下の金額で売却するケースも多いであろう。また都心部であれば不動産価格が高騰しているので、5億円以上の売却事例も多いであろう。そして相続税などの制度改正によって、さらに相続税支払いの対象も増えるので、相続不動産売却がさらに活発化するであろう。

相続不動産売却のこれまでの変遷とは

財産を相続する場合には、土地や建物は長男などがそのまま引き継ぐのが旧来のスタイルである。しかし家族に対する考え方も変化したために、土地や住宅を引き継ぐのではなくて、売却してそのお金を兄弟姉妹で平等に分けるスタイルが最近の特徴である。このように相続に対する考え方が時代とともに変わってきたので、相続不動産売却へのニーズが高まったのは最近の出来事である。また相続のために不動産を売却する場合には、相続税の支払いという側面もあるので、スピーディーな作業が重要である。そのためにネットで一括見積を行ったうえで、相続のための売却に適した業者を探すのが近年のトレンドである。そしてより一層有利な条件で売却を進めることができるのが、最近の特徴であろう。